妊婦の悩み

フリースタイル分娩(出産)って何?メリット・デメリット、特徴について解説!

フリースタイル分娩とは
フリースタイル分娩(出産)って何?

今回は、このようなお悩みを持つ方に向けた記事になります。

出産には、通常分娩から無痛分娩、帝王切開など、様々な分娩方法があります。

この記事では、その中でもフリースタイル分娩という、産婦さんが好きな体勢で出産できる分娩方法について紹介していきます。

ぽこ
ぽこ
私はフリースタイル分娩で、出産予定!

産院からの説明事項をもとにしながら、フリースタイル分娩のメリット・デメリット、特徴などについて詳しく紹介していきます!

フリースタイル分娩(出産)とは

headline
フリースタイル分娩は、分娩台を要せず、分娩場所・体位を自由に選択できる分娩方法。

産婦さんが楽な体勢・赤ちゃんにとって産まれてきやすい体勢に、その時の状況に合わせて自由に変えながらお産をすることができます。

クッションやロープなどの様々なグッズの使用や、あらゆる体勢、パパに支えてもらいながら、など

産婦さん自身が主体となって自由に振る舞うことができるお産なんです。

ぽこ
ぽこ
実際に私は、和室・布団の上でフリースタイル出産を行います。

フリースタイル分娩のメリット

headline
フリースタイル分娩のメリットはこちら。

自分の意思で分娩体位を選択できる

自由な体位の変換による腰痛の緩和

産婦の満足度が上がりストレスが少ない

お腹の中の赤ちゃんにも負担が少ない

自分の意思で分娩体位を選択できる

フリースタイル分娩は、産婦さんの意思で自由に体勢を変えることができます。

お腹が痛ければお腹を丸めるような体勢(ママがラク)にもなれますし、

赤ちゃんが下に降りてきやすいようパパに寄りかかったり、上からぶら下がったロープを掴んだり(赤ちゃんがラク)できます。

自由な体位の変換による腰痛の緩和

フリースタイル分娩は、好きな時に好きな体勢に身体を動かすことができるため、骨盤を良く動かすことになります。

骨盤を動かすことで、腰痛の緩和に繋がり、骨盤も開きやすくなるんです。

産婦の満足度が上がりストレスが少ない

自由に体位がとれ、好きな音楽やアロマを焚きながらなど、リラックスした状態でお産ができるので、精神的にもラクになれます。

和室なので、分娩室のような手術台にあがることもなく、緊張感も高まらないので、ストレスが少ない状態でお産に臨めます。

お腹の中の赤ちゃんにも負担が少ない

フリースタイル分娩時は、息を続けることを意識した呼吸法を使いながらお産に臨むため、赤ちゃんが低酸素症になりにくいというメリットがあります。

産婦さんがリラックスして、楽な体勢をとることで、呼吸も問題なくできるため、その分赤ちゃんにも十分に酸素がいきわたります。

また、四つん這いやスクワット、立位などによって、重力を充分に働かせることで、赤ちゃんが下に降りやすくなります。

フリースタイル分娩のデメリット

healine
フリースタイル分娩のデメリットはこちら。

フリースタイル分娩ができる産院が限られている

産婦主導の分、負担が大きくなる人も

フリースタイル分娩ができる産院が限られている

フリースタイル分娩は、どこの産院でもできるわけではありません。

助産院などでは、こういった自由なスタイルでお産ができるとことは多いようですが、産婦人科となるとそこまで多くはないようです。

フリースタイル分娩はメリットもある一方で、緊急時に他の分娩方への移行が難しいことや、十分な介助技術・知識が必要なことから、スタッフさん自身も知識が豊富である必要があります。

【フリースタイル分娩 + 地域名】

などでフリースタイル分娩が可能な産院があるか探してみてくださいね。

産婦主導の分、負担が大きくなる人も

フリースタイル分娩は、産婦さん自身が主体となって、体勢を自由に変えながらお産を行うため、助産師の指導が必要以上に入らない側面があります。

そのため、陣痛の最中に自分で楽な姿勢を探すことが出来ずに、余計に痛い思いをしなくてはならなかったというケースもあるようです。

ぽこ
ぽこ
私は初産婦なので、自分と赤ちゃんにとって良い体勢について、逐一指導してくださいと助産師さんに伝えています。

フリースタイル分娩の主な体勢

headline
フリースタイル分娩は、基本的に産婦さんの好きな体勢になることができます。

私が産院から紹介された主な体勢は次のとおり。

仰向け

横向き

四つん這い

スクワット

立位

それぞれに特徴があり、利点と欠点があります。

仰向け

赤ちゃんが出てくるときには介助しやすく会陰保護など十分に行える。

子宮の重みで下大静脈が圧迫されやすく、骨盤も狭くなりやすい。

横向き

産婦さんの疲労が少なく、骨盤も広がりやすい。

赤ちゃんの下降はやや遅くなるため、お産の進行に時間がかかる。

四つんばい

骨盤が広がりやすく、腰痛が緩和されるため、陣痛が強すぎる場合はこのスタイルをとることがある。

赤ちゃんの下降はやや遅くなるため、お産の進行に時間がかかる。

スクワット

骨盤が広がりやすく、赤ちゃんも下に降りやすいため、分娩の進行が遅い時には有効。

スピードがつきすぎて会陰裂傷が大きくなったり、長時間この状態を続けると膝に負担がかかり、疲労しやすい。

立位

重力が最大にかかり、娩出力が強くなるため、赤ちゃんの下降が悪いときには有効。

分娩介助が出来ないため、赤ちゃんの落下に注意が必要。

状況に合わせて色々な体勢をとりましょう

フリースタイル分娩の体勢
出典:インターネットホスピタル

産婦さんが好きな体勢になるのが一番ですが、その時の状況に合わせて、助産師さんなどと相談しながら、

長時間同じ体勢を続けるのではなく、身体(骨盤)を動かすことが大切になります。

フリースタイル分娩をする場合に気になる点

headline
フリースタイル分娩を行う場合に、解決しておきたい点について洗い出しておきます。

立会いはできる?

立会い分娩は可能です。

むしろ、フリースタイル分娩は、お産へのパパの参加が推奨されています。

パパの肩に寄りかかったり、腰を支えてもらうなどすることで、産婦さんはリラックスすることができますし、

パパ自身もお産に参加しているという実感がより強く感じられます。

 

夫婦二人で出産を乗り越えたという連帯感も生まれて、さらに絆が深まること間違いなし!

ぽこ
ぽこ
私の産院からは、できる限りパパが立会いをするよう言われました。

特別な費用はかかる?

基本的には、通常分娩にかかる費用と変わりません。

産院によっては、和室の使用料などが発生する場合もあるかもしれませんが、無痛分娩のように、通常の出産に加えて、何十万も費用がプラスされることはありません。

最後に:フリースタイル分娩で自由なお産を

headline
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は、フリースタイル分娩(出産)のメリット・デメリット、特徴などについてお伝えしました。

フリースタイル分娩のメリット

自分の意思で分娩体位を選択できる

自由な体位の変換による腰痛の緩和

産婦の満足度が上がりストレスが少ない

お腹の中の赤ちゃんにも負担が少ない

 

フリースタイル分娩のデメリット

フリースタイル分娩ができる産院が限られている

産婦主導の分、負担が大きくなる人も

 

フリースタイル分娩が可能な産院は限られてはいますが、産婦さんの気持ちに合わせて、自由にリラックスしながらできるお産には間違いありません!

私は初産婦ですが、沢山のメリットがあるフリースタイル分娩を選んでよかったなぁと思っています。

ぽこ
ぽこ
実際の出産後には、フリースタイル分娩がどうだったか詳しくレポしていきますね!

フリースタイル分娩に興味がある方は、ぜひお近くの産院で可能かどうか調べてみてください♪