お役立ち

出産前にパパ(旦那・夫)にお願いした手続きリスト!【書類・手続き・お買い物など】

出産前に旦那にお願いしたい手続きリスト
いよいよ出産目前!!

ぽこ
ぽこ
出産前は、出産・ベビーグッズなどの調達や産後の手続きのことなど、沢山準備することがありますよね。

今回は、妊娠中の私が実際に、出産前に夫婦で話し合ったことを参考に、

出産前にパパ(旦那・夫)にお願いした手続きをまとめましたので、ご紹介します。

この記事は、次のような方におすすめです。

出産前にパパ(旦那・夫)に手続きをお願いしておこう

headline
赤ちゃんが産まれると、すぐにやらなきゃいけない手続きかいくつかあります。

ママは産後動くことが難しいですし、赤ちゃんのお世話もあるので、

ここはぜひ、パパにばっちり手続きしてほしいところです。

産後にバタバタしないように、出産前に夫婦で、必要な手続きや産後のことについて話し合う機会を持つことをおすすめします。

ぽこ
ぽこ
では出産前に、パパにお願いしておいた方が良いことを紹介していきます!

お願いしたことリスト【書類・手続き編】

headline
書類の提出などの手続き関係でお願いしたことは、次のようなことです。

入院時に病院に提出する書類

出生届

児童手当

健康保険

乳幼児医療証(子ども医療証)

出産育児一時金・付加金

入院時に病院に提出する書類

出産する産婦人科によって違いはあると思いますが、

事前に、入院時に提出する書類を病院から配布されている場合は、パパに内容を説明し、提出をしてもらうよう頼んでおきましょう。

既に記入できる部分は記入して、産後にしか記入できない部分がある場合は、付箋などを貼って分かりやすいようにしておくとスムーズですね!

私の場合は、赤ちゃんの任意検査の同意書や、出産費用の支払に関する書類などがありました。

出生届

出生日を含めて14日以内に、住民票のある市町村に出生届を必要があります。
里帰り出産の場合は、届出人の所在地の市町村等でも可

提出時の必要書類は主に次のようなものです。

出生届
印鑑
母子手帳
保険証(身分証明書)

市町村によって若干異なる場合もあるので、事前に提出予定の市町村のホームページで確認しておきましょう!

児童手当

児童手当の申請は、出生日の翌日から15日以内です。

共済組合(公務員)の方は勤務先に、それ以外の方は市町村の窓口で申請が必要です。

必要書類は提出先によって少し違うようですので、提出予定の市町村等のホームページで事前に確認しておくと良いです。

児童手当は、0歳から15歳(中学卒業)までの子どもに支給される手当です。

年齢や出生順、所得などによってもらえる金額は様々ですが、

5,000円/月~15,000円/月もらえる手当なので、絶対に申請を忘れないようにしましょう!

申請が遅れると、その期間は手当がもらえないので、出生届と一緒に手続きすると安心ですね。

健康保険

赤ちゃんが産まれたら、1カ月以内に健康保険も作りましょう。

1カ月検診の際には健康保険証が必要ですし、後ほど説明する、乳幼児医療証(子ども医療証)を発行する際は健康保険証が必要になります。

申請窓口

赤ちゃんの保険ですが、

基本は、パパ・ママの収入が多い方の扶養に入ることになります。

扶養者が健康保険や組合保険加入者の場合は、勤務先へ

扶養者が国民健康保険加入者の場合は、保険証を発行している市町村へ

申請時の必要書類等は、提出先に事前に確認しておくと安心です。

乳幼児医療証(子ども医療証)

自治体によって内容は異なりますが、子どもの医療費にかかる費用の全額または一部を市町村が負担してくれます。

こちらは、申請時に赤ちゃんの健康保険証が必要なので、まず健康保険証の発行が先になります。

申請時期

自治体によって違いはありますが、私の住んでいる役所では、

出生から30日以内の申請
 ⇒ 誕生日からの医療証

出生から30日を超えての申請
 ⇒ 申請月の1日からの医療証

になるので、早めに健康保険証を作成したいところですね。

出産育児一時金・付加金

妊娠・出産は病気ではないので、基本的に全額自己負担になります。

しかし、出産にかかる費用について、健康保険から42万を出産育児一時金として助成してもらえます。

保険によっては、付加金ももらえる場合があります。

申請窓口

申請先は、次の通りです。

ママが働いていて健康保険に加入している場合
 ⇒ ママの勤務先

ママが国民健康保険に加入している場合
 ⇒ 加入先の市町村の窓口

ママがパパの健康保険の扶養に入っている場合
 ⇒ パパの勤務先

申請方法

受け取れる金額や申請方法については、保険により異なるので、事前に勤務先や窓口に確認しておくと良いです。

出産育児一時金の受け取り方法

出産育児一時金の受け取り方法についてはいくつか種類がありますが、

健康保険から病院に直接費用が支払われる直接支払制度を利用すれば、退院時の支払いは42万円を超えた分だけになるので、この方法が一番ラクです。

42万に満たない場合は、後日健康保険に請求することで差額を受け取ることができます。

お願いしたことリスト【お買い物編】

headline
出産前はまだ用意できないけど、産後すぐに必要と思われるものについても、パパにお願いしておきましょう。

私がお願いしたのは、次のようなものです。

命名書

出産内祝い

産後に買うか迷っているもの

命名書

命名書は、赤ちゃんの名前や出生日、体重・身長などを記入したもので、

赤ちゃんが誕生して初めての行事「お七夜」と呼ばれる誕生してから7日目の夜からお宮参りまでの約1ヶ月間飾るのが一般的のようです。

ぽこ
ぽこ
我が家の場合は、命名書はネットで外注して、旦那の実家・私の実家に1枚づつ用意しようということになりました。

旦那の実家は代々、命名書の用紙が決まっているとのことでしたので、こちらを注文予定。

【送料無料】額入り命名書【命名紙・命名額・命名用紙】*B4サイズ*【毛筆】【代筆】

 
私の実家には、少しポップで可愛らしいものを注文予定。

有名書家代筆の命名書 おしゃれな命名用紙12種類 即日可 A4 メール便無料

 

字が上手な方は、命名書の用紙のみ準備して、自分で書くのが良いですね!

命名書も色んなデザイン・タイプのものがあるので、時間があるうちにどんなものにするか話し合っておきましょう!

ぽこ
ぽこ
赤ちゃんが産まれたら、命名書の作成や注文はパパにお任せ!!

出産内祝い

出産内祝いは、出産祝いをいただいた方へのお返しとして、赤ちゃんの生後1ヵ月の頃にお贈りするのが一般的のようです。

産後は何かと忙しいので、贈り物選びを、事前に夫婦で話し合っておくとスムーズです。

ぽこ
ぽこ
我が家は、出産内祝いを注文するお店と、お返しの金額ごとの商品をいくつか話し合っておきました。

我が家はこちらのお店で注文予定♪

\公式ホームページ/

カタログギフトのハーモニック

 

このお店の決め手はこちら↓

ラッピング・のし・命名札などすべて無料

ギフトと一緒に送れる写真付きのメッセージカードも無料

カタログギフトや名入れの商品が豊富で、可愛いギフトが沢山

このような可愛いメッセージカードをWEBで簡単に作成できます。

デザインの種類はまだまだ沢山ありますよ♪

メッセージカード

画像だけでなく、動画を撮影して、動画再生用QRコードも追加できます♪

ぽこ
ぽこ
絶対に喜んでくれること間違いなしなので、出産内祝いはこのお店で注文することをパパにお願いしました!
\公式ホームページ/

カタログギフトのハーモニック

産後に買うか迷っているもの

出産前に揃えておく必要はないけど、もしかしたら産後必要になるかも…というものはありませんか?

ぽこ
ぽこ
私の場合は、搾乳機とハイローチェアを検討中です。

搾乳機は、母乳がどのくらい出てくるかにもよるので、産後になってみないと必要か分かりませんし、

ハイローチェアも産後、赤ちゃんと生活してみてから、本当に必要か検討したいな~というところです。

こんな風に、産後に買うか迷っているものがあったら、どのメーカーの商品が欲しいのか、事前に旦那さんに伝えておくといいですね!

 
産後のママは、お店まで商品を見に行って買いに行くのは難しいので、

今のうちに、実際に店舗で実物を見ておいて、買うとしたらこの商品がいいなというのをあらかじめ決めて、パパに伝えておきましょう~!

最後に:産後の快適な生活のために、夫婦で話し合おう!

headline
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は、出産前にパパにお願いしておくと良いことを中心にお伝えしました。

パパにお願いしたい書類・手続き

入院時に病院に提出する書類

出生届

児童手当

健康保険

乳幼児医療証(子ども医療証)

出産育児一時金・付加金

 
パパにお願いしたいお買い物

命名書

出産内祝い

産後に買うか迷っているもの

出産前に、パパと話し合う機会をもち、やってほしいことは全て具体的にお願いしておきましょう!!

出産前は準備することが沢山あって、何か忘れてることないかな、これで大丈夫かなと心配になってしまうこともあると思います。

私は夫婦で話し合って、パパにいくつか手続きなどを託したことにより、産後に色々考えたり、手続きしなくても良いと思えただけで、かなり安心感が増しました!

出産という一大イベント、夫婦で協力して準備をして、大切な赤ちゃんをしっかりと迎え入れましょう♪