妊婦の悩み

妊娠中に足がつる原因は?こむら返りの対策と体験談!(メディキュット、サプリ、運動など)

妊娠中のこむら返りの原因と対策
妊娠中によく足がつる…どうやって対策したらいい?

今回はこんなお悩みを持つ方に向けた記事になります。

妊娠中は様々なマイナートラブルが発生しますが、足がつるというのもよくある症状の一つ。

ふくらはぎが突然に強い痙攣を起こす症状を「こむら返り」といって、妊婦さんの半数以上は経験があるようです。

ぽこ
ぽこ
私は妊娠8カ月頃から、就寝中や朝方にふくらはぎがつることが多くなりました。

そこでこの記事では、こむら返りの原因や対策について、体験談も踏まえながらお伝えしていきます。

こむら返りが妊娠中に多くなる原因は?

headline
妊婦の半数以上が、足がつりやすくなると言われています。

主に妊娠後期、週数が進むにつれて、その発生頻度は多くなる傾向があるようです。

では、こむら返りが多くなる原因をみてみましょう。

お腹が大きくなることによる足への負担

足の血流の悪化

栄養不足

運動不足

順番に説明していきます。

お腹が大きくなることによる足への負担

お腹が大きくなるにつれて、骨盤や背骨をかばうような歩き方をすることで、足の筋肉への疲労が貯まります。

特に、妊娠後期になると骨盤が開き、歩くときに筋肉にかかる力のバランスが変わるので、伸び切った足の筋肉が収縮をしようとするときにこむら返りが起こります。

足の血流の悪化

大きくなった子宮によって、下腹部が膨らみ、脚の血管が圧迫されることで、下半身の血液の循環が悪くなってしまうことも原因の一つです。

栄養不足

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が不足していると、筋肉の神経回路が適切に働くことができません。

妊娠中は、赤ちゃんに栄養を送ることが優先され、栄養バランスが乱れてしまうことも原因の一つです。

運動不足

妊娠中、身体が重くなっていると、運動することも難しくなってきます。

運動不足になると、血流が悪くなり、身体が冷えて、筋肉が硬直しやすくなり、こむら返りが起きやすくなります。

また、運動不足によって筋肉量が減ることで、足が疲れやすくなることも原因の一つです。

妊娠中のこむら返りの対策

headline
妊娠中のこむら返りは、主に身体の変化などによって起こるので、完全に防止することは難しいですが、なるべく回数を減らしたいですよね。

こむら返りの対策として次のようなものがあります。

着圧ソックス(メディキュット)を履く

バランスの良い食事・サプリ

適度な運動・ストレッチをする

身体を冷やさないようにする

ぽこ
ぽこ
特に私は、着圧ソックスストレッチがこむら返りに効果がありました!

順番に説明していきます。

着圧ソックス(メディキュット)を履く

着圧ソックスを履いて、血流をよくすることで、こむら返りを防ぐことができます。

私は有名なメディキュットを就寝中使用していました。

ぽこ
ぽこ
これを履いて寝るようになってから、こむら返りの回数が激減!

メディキュットを履くことで、足を冷やさない効果や、むくみを軽減してくれて足を軽くしてくれる効果もあったので、本当に買って良かった!と思っています。

バランスの良い食事・サプリ

筋肉の動きに関係が深いカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分、疲労回復を促すビタミンBなども積極的に摂ることが大切です。

カルシウム…乳製品、魚介類、大豆製品などに含有

マグネシウム…ナッツ、海藻類、大豆製品などに含有

ビタミンB…豚肉、レバー、うなぎなどに含有

これらの栄養素を意識的に摂りましょう!

 
ただ、食事だけだと、これらの栄養素を毎日摂取するのは難しい場合もあります。

そんな時の救世主が、葉酸サプリ!

葉酸サプリは妊娠中に必要な葉酸だけでなく、ミネラルやビタミンなどの栄養素も豊富に含まれているものがあります。

私が使っている、ベルタ葉酸サプリは、ビタミン13種類ミネラル14種類も入っていて妊娠中に必要な栄養素をカバーしてくれるので、かなり重宝しています。

日々の食事も気を付けながら、こういったサプリでカバーしてあげることで、無理なく効果的に栄養素を摂ることができます。

適度な運動・ストレッチをする

血流を良くするために、適度な運動を心がけて、長時間同じ姿勢にならないようにすることも大切です。

無理のない範囲でウォーキングストレッチを行ってみてください。

 
マタニティヨガも筋肉をほぐしてくれ、リラックス効果もあるのでおすすめです!

ぽこ
ぽこ
私は毎日マタニティヨガをしていますが、足、特にふくらはぎを伸ばすポーズを重点的にした日の夜は、こむら返りが起こることが少ないです。

 
マタニティヨガの具体的な方法などについては、こちらにまとめています。

 
寝る前に、ふくらはぎをほぐしたり、足を延ばすストレッチだけでもいいので、ぜひやってみてください♪

身体を冷やさないようにする

血流を滞らせないために、身体は冷やさないようにしましょう。

レッグウォーマー腹巻などで下半身を冷やさないように意識したり、お風呂の際は湯船につかるなどして、身体をあたためましょう!

こむら返りが起きたときの対応方法

気を付ける
では、実際にこむら返りが起きてしまったときはどうしたらいいのでしょう。

痙攣をしている筋肉をゆっくり伸ばすように意識してストレッチしてみましょう!

膝を伸ばし、つま先を持って、顔の方向にゆっくり伸ばしてあげることでだんだん痛みが和らいでいきます。

ぽこ
ぽこ
痛みが治まらない場合や、頻繁にこむら返りが起こるような場合は、一度医者に相談してみても良いかもしれません。

最後に:できる範囲で対策して、快適に過ごそう!

headline
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は、妊娠中のこむら返りの原因・対策を中心にお伝えしました。

こむら返りの原因

お腹が大きくなることによる足への負担

足の血流の悪化

栄養不足

運動不足

 
こむら返りの対策

着圧ソックス(メディキュット)を履く

バランスの良い食事・サプリ

適度な運動・ストレッチをする

身体を冷やさないようにする

こむら返りに困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ぽこ
ぽこ
まずは着圧ソックスを使ってみるのがおすすめです!

 

妊娠中は、ホルモンの変化や身体に様々な変化が起きてしまうので、不安になってしまうこともあると思います。

こむら返りに限らず、妊娠中は、バランスの良い食事を心がけて、適度に運動し、身体を冷やさないようにすることがとても大切です。

無理のない範囲で、できることを意識的に行いながら、少しでも快適にマタニティライフを送れるようにしましょう♪