妊婦の悩み

妊娠中の恥骨痛!原因と対策は?【妊娠後期に恥骨が痛くなった妊婦の体験談】

妊娠中の恥骨痛の原因と対策
妊娠中は、様々な身体のマイナートラブルが発生します。

中でも、妊娠後期には恥骨痛に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

ぽこ
ぽこ
私は妊娠9カ月のときに、いきなり恥骨痛に襲われ、それからは毎日痛みと戦う日々を送りました。

今回は妊娠中に、恥骨痛が起こる原因や症状、その対策について、

私の体験談を踏まえながら解説していきます!

恥骨ってどの部分?

そもそも恥骨ってどの部分なのでしょう。

恥骨結合

 

恥骨とは、腰の部分に位置する骨のひとつで、骨盤を下から支えている一対の骨です。

そして恥骨は恥骨結合という軟骨でつながっています。

恥骨痛の場合、恥骨自体が痛くなるわけでなく、恥骨結合が痛くなります。

妊娠中に恥骨痛が起こる原因は?

headline
妊娠中に恥骨痛が起こる原因は、大きく2つあると言われています。

赤ちゃんの頭で圧迫される

出産が近づくと、赤ちゃんの頭が骨盤内に収まるように下に下がってきます。

それにより恥骨結合が圧迫されて痛みを伴うことがあります。

骨盤が開き恥骨結合がゆるむ

妊娠すると、出産の準備のためリラキシンをいうホルモンが分泌されます。

リラキシンは、分娩の際に赤ちゃんが産道を通りやすくなるように、骨盤や靭帯をゆるめる作用があります。

出産が近づくにつれて、骨盤が開き、恥骨結合がゆるむことによって、恥骨結合に負荷がかかりすぎることが恥骨痛の原因です。

妊娠中の恥骨痛の症状

headline
妊娠中の恥骨痛の症状は、主に次のようなものがあります。

恥骨結合がズキズキ・ピリピリする

歩いたり身体を動かすときに痛みを伴う

下半身に力が入らず起き上がれない

恥骨結合がズキズキ・ピリピリする

恥骨痛の痛みは、生理痛の痛みというよりは、骨がうずくような、ズキズキ・ピリピリっとした痛みです。

最初は少しピリッとするような痛みだったものが、だんだん悪化して強く鋭い痛みに襲われる人もいるようです。

歩いたり身体を動かすときに痛みを伴う

歩き出そうとするときなど、身体を動かすときに痛みを伴うことが多いです。

就寝中の寝返りでも痛みを感じることもあり、日常生活に影響が出てくる人もいるようです。

下半身に力が入らず起き上がれない

恥骨が痛すぎて、下半身に力が入らずに起き上がれなくなることもあります。

恥骨痛が激しい場合は、横になっていてもズキズキとした痛みがあり、動くことも難しいです。

妊娠後期に恥骨が痛くなった体験談

healine
私も妊娠後期に、かなり恥骨痛に悩まされた妊婦の一人。

ぽこ
ぽこ
恥骨痛が発生した時期や症状などを説明しますね。

いきなり恥骨が痛くなった

私の場合は、妊娠34週のある日に突然、恥骨部分にピキッと痛みを感じました。

それまでは毎日散歩やマタニティヨガをしていて、身体の痛みなんてほぼなかったです。

とはいっても、骨盤部分に違和感がある程度で、全然我慢できる痛さでした。

最初の軽い痛みが段々悪化。時には動けないことも。

恥骨部分の軽い痛みを感じた翌日、ベッドから起き上がり歩き出そうとすると、

痛すぎて、今までどおり歩けない!!!

恥骨を手で押さえながら、小股で歩いて、なんとかリビングに到着。

その日以降は、

  • 軽い痛みを感じる日
  • 恥骨結合を手で押さえないと歩けない日
  • 横になっていてもズキズキ痛い日

など日によって症状は様々でした。

ぽこ
ぽこ
今まで何の問題もなくできていたヨガのポーズが、急に痛みで難しくなりました…
恐るべし恥骨痛…

産婦人科で相談

恥骨部分が痛み始めた頃に、丁度、妊婦検診があったので、恥骨痛について医師に相談。

医師からは、

順調に出産の準備が進んでいる証拠だね!
産めば直るからね!
痛いときは安静に!

まぁそうですよね…!というお返事が返ってきました。

つくづく、世の中のお母さん達はスゴイなぁと感じながら、小股でなんとか帰宅。

ぽこ
ぽこ
耐えきれないほど痛みを伴う場合は、すぐに産婦人科に相談に行くのがいいと思います!

対策を調べまくって、なんとか対処・予防!

正直、痛みがある部分が恥骨結合だということ、妊娠中に恥骨部分が痛くなることがあるということも、何も知らなかったので、

最初は本当に驚き、不安になりました。

そこで、恥骨痛を軽減するための対策や予防について沢山調べ、実践しました!

ぽこ
ぽこ
痛みが完全になくなるわけでないですが、少なくとも効果はあるので、その対策法を説明していきます。

妊娠中の恥骨痛の対策!

headline
私が効果を感じた、恥骨痛の対策方法は次のようなものです。

骨盤ベルトを着用する

安静にして、動作はゆっくり行う

ストレッチやヨガで血行をよくする

湯船につかって身体を温める

寝るときは横向きの姿勢で

骨盤ベルトを着用する

一番効果を感じられるのは、骨盤ベルト!!

私は、こちらのトコちゃんベルトを着用しています。

このトコちゃんベルトは、産後の骨盤矯正にも使えるので、かなり便利なグッズです!

ベルトをして骨盤まわりを支えることで、恥骨結合への負担を軽くしてくれます。

トコちゃんベルトを使うだけで、恥骨痛の痛みの感じ方が全然違うので、痛くて悩んでいる方にはぜひ使ってほしい!!

ぽこ
ぽこ
私は日中は常に、トコちゃんベルトを着用しています。
痛みがひどい日は、就寝時も着用することもあります。

安静にして、動作はゆっくり行う

痛みがあるときは安静にすることが一番です!

また、大股で歩いたり、急に骨盤を動かすと痛みを感じることが多いので、動作はゆっくり行いましょう。

骨盤がゆるみやすくなっているので、座るときには、足は組まずに姿勢を良くすることを意識したほうがいいですね!

ストレッチやヨガで血行をよくする

ストレッチやヨガ、軽い運動などで血行をよくすることも、恥骨痛の軽減におすすめです。

痛みがひどくない日は、無理のない範囲で散歩をしたり、マタニティヨガを行うと、痛みの軽減に繋がります。

立ち上がれない場合は、骨盤部分をさすってマッサージをするだけでもいいのでやってみてください。

 

マタニティヨガの方法については、こちらにまとめているのでぜひ参考にしてください♪

マタニティヨガの効果と方法
妊娠中はマタニティヨガがおすすめ!毎日ヨガしてる現役妊婦が効果と方法を伝授! 精神的・身体的に様々な変化があるマタニティ期。 そんな妊婦さんには、心と身体を結び付けて、また自分自身と赤ちゃんのつながり...

 

湯船につかって身体を温める

湯船につかって身体を温めて、血行を良くすることで、痛みを軽減できます。

長湯でのぼせすぎないように、温度や入る時間には気を付けてくださいね!

寝るときは横向きの姿勢で

寝るときは、身体を横向きにし、枕などを足の間に挟むことで、お腹や骨盤・恥骨にかかる負担を軽減できます。

大きめの抱き枕を使うと、足も挟みやすく、横向きの姿勢も安定します。

私が使っている、王様の抱き枕は、低反発の素材で身体にフィットしやすいので、横向きの姿勢がラクにできます。

 

王様の抱き枕についてはレビュー記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

王様の抱き枕レビュー
【妊娠中の抱き枕におすすめ!】愛用中の「王様の抱き枕」をレビュー!妊娠中におすすめの抱き枕を知りたいですか?この記事では、妊娠中の私が愛用している「王様の抱き枕」を徹底レビューします!特徴や口コミ、購入方法も説明していますので、気になる方は要チェックです!...

 

最後に:上手に恥骨痛と付き合いながら前向きな妊婦生活を!

headline
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は、恥骨痛の原因や対策について、体験談を踏まえながら解説しました。

恥骨痛の原因

赤ちゃんの頭で圧迫される

骨盤が開き恥骨結合がゆるむ

 

恥骨痛の対策

骨盤ベルトを着用する

安静にして、動作はゆっくり行う

ストレッチやヨガで血行をよくする

湯船につかって身体を温める

寝るときは横向きの姿勢で

 

恥骨痛は、妊婦さんなら誰でもなりうるマイナートラブルです。

痛みがある場合は、安静にすることを一番に、無理のない範囲で対策を行ってください!

恥骨痛があるということは、赤ちゃんが下に降りてきて、順調に出産への準備が進んでいるということなので、

上手に恥骨痛と付き合いながら、前向きに妊婦生活を送ってくださいね♪