お役立ち

【読んで良かった!】妊娠中にぜひ読んでほしいおすすめの本6選!

妊娠中におすすめの本
妊娠中って分からないことだらけで不安になったり、急に気分が落ち込んだりすることはありませんか?

ぽこ
ぽこ
私も妊娠初期のころ、理由もなく落ち込んだり、漠然とした不安感に見舞われるような、いわゆる「マタニティブルー」になっていた時期があります。

そんな時、妊娠・出産・育児に関する本をいくつか読んで、「読んで良かった!」「他の妊婦さんにも読んでほしい!」と思える素敵な本に出会いました。

そこで今回は、不安を取り除いてくれるほど知識がたっぷり詰まった本から、心が温まって前向きな気持ちになれる本、産後も持っていたい!と思える本まで、妊娠中に読んでほしいおすすめの本が沢山ありますので、ご紹介していきます!

妊活中の方や子育てをされている方にとっても、有益な本だと思いますので、ご興味がありましたらチェックしてみてください。

この記事を読めば分かること

妊娠・出産に関する知識を付けられる本が分かる
心がホッと温かくなる本が分かる
これから育児をしていくにあたって持っていたい本が分かる

ぽこ
ぽこ
妊娠中20冊以上の本を読んだ私が「これだけは絶対読んでほしい!」という本を厳選してご紹介いたします!

妊娠中にぜひ読んでほしい心が温かくなるおすすめの本6選!

妊娠・出産に関する知識を付けられる本

学び、情報、知識、勉強

最新版 らくらくあんしん妊娠・出産

「コウノドリ」のモデルとなった産婦人科医、荻田和秀先生の監修本です。

全ページカラーで、週ごと・月ごとに、妊娠中の身体の変化や気を付けるべきことなどが医学的な視点から解説されているので、妊娠期の不安を取り除いてくれます。

妊娠・出産にかかる費用や利用できる制度、準備するべき物などについても分かりやすく解説されており、妊娠から出産までに知っておきたい情報は網羅できる本です。

ぽこ
ぽこ
これ一冊あれば妊娠・出産までの大まかな流れが理解できるので、初めての出産を控えたプレママ&プレパパにはおすすめ!

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本

「コウノドリ」のモデルとなった産婦人科医荻田先生著書の本です。解説書というよりは、関西弁でエッセイ風に書かれているので親近感があって、読みやすい本です。

妊婦さんの身体に起こる変化やお産のリスク、またパパがママの妊娠中にすべきこと・すべきでないことをビシッ!と書かれており、パパになる方の心構えがよく分かる本です。ぜひこれからパパになる方には読んでほしい!

妊婦さん本人が読んでも、クスっと笑えたり、勉強になる部分もあり楽しく読める本です。

ぽこ
ぽこ
私はこの本読んだ後、面白い!勉強になる!と思って、そ~っと旦那に渡したのですが…果たして読んでくれたのだろうか。笑

心がホッと温かくなる本

温まる、幸せ、ほっこり

ママ、生まれる前から大好きだよ!

ぽこ
ぽこ
不安いっぱいで辛かった妊娠初期の私のメンタルを救ってくれた本!
この本を読んで、お腹の中の赤ちゃんとの繋がりをより感じられるようになりました。

「胎内記憶」を研究している産婦人科医の池川先生の本で、色んなお子さんの胎内記憶のエピソードが紹介されています。

スピリチュアルな要素もあるので、好みは分かれるかもしれないですが、赤ちゃんはお空でママとパパを選んできてくれる、ママの気持ちはお腹の中の赤ちゃんに伝わるというようなことを様々なエピソードを用いて教えてくれます。

お腹の中の赤ちゃんがとても愛おしくなり、毎日、選んでくれてありがとう、大好きだよと話しかけたくなる本です。

ぽこ
ぽこ
読むと本当に気持ちが温かくなって、ウルっときてしまう本。
友人が妊娠したら、絶対にこの本をプレゼントしようと思っています。

笑うお産

こちらも池川先生の本。胎内記憶の話をベースに「お産」に主軸を置いた本です。

「お産」はママだけのイベントではなくて、ママと赤ちゃんの共同作業。赤ちゃんを信じ、尊重して一緒に頑張るという気持ちで望むことが大切だということを教えてくれます。

「笑いながら楽しくお産」をしたママたちのエピソードや心がけがいくつか紹介されています。

自分も赤ちゃんも幸せな気持ちでマタニティライフを過ごし、素敵なお産を迎えられるよう、ストレスを溜め込まずリラックスして生活しよう♪と思わせてくれます。

ぽこ
ぽこ
笑いながらお産ができる自信はないですが、少なくとも「お産」に対する不安を取り除き、ポジティブに捉えさせてくれる本です!

これから育児をしていくにあたって持っていたい本

赤ちゃん、子育て、育児

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

130分間、お母さんが静かな環境で赤ちゃんに向き合って話しかけることが子供の成長を助長させるということをいくつかの成功例を用いて教えてくれます。

子供の発達段階に応じて、「何を」語りかけ、「どうやって」遊ぶのが最適か、物理的に何が理解できて、できないのかが詳しく説明されています。

赤ちゃんにどんな風に接し、話しかけたらいいかなぁ~と悩んでいる方にヒントをくれる本です。

ぽこ
ぽこ
結構分量のある本になるので、出産前に一度目を通して心の準備をしておいてから、産後、月齢別に読み進めながら参考にしていくのが良いと思われます!

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

親ができることは子供の底力を信じて、成長を楽しみに見守ること。そのために、子供に沢山の愛情を注ぎ、共感をすることが大切だということを教えてくれます。

子育てをしていくにあたって、どの点を重点的に育てていったら良いのか、そのために親はどんな風に子供に接したら良いのか、ポイントを交えて分かりやすく説明してくれています。

これから育児をしていくにあたって、沢山の悩みが壁がでてくると思いますが、この子育ての原点を忘れないように、また読み返したいと思わせてくれます。

ぽこ
ぽこ
著者の先生の言葉が、母性に溢れ、読者に寄り添ってくれるものなので、読んでいて肩の荷が下り、ホっとするような気持ちになること間違いなしです!

 

 

ご紹介したおすすめ本のうち、いくつかはKindle Unlimitedを利用して読みました♪

妊娠・出産に関する多くの本が読み放題となっているKindle Unlimited。
詳しくまとめているので、ぜひこちらも読んでみてください♪

Kindle Unlimitedの特徴とメリット
【おすすめ】Kindle Unlimitedの特徴とメリットを徹底解説!実際に1年以上Kindle Unlimitedを利用している私が、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の特徴とメリットを徹底解説します!...

さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

妊娠中って心の状態も大きく変化する時期なので、自分一人で抱え込むのではなく、誰かに気持ちを伝えたり、自分を救ってくれる本を読んだりして、悩みすぎないようにすることが大切です。

本にも、情報を沢山教えてくれるものから、優しい言葉で語りかけてくれる本、クスっと笑える本など、沢山のジャンルがあるので、ご自身の気分にあわせて、読書も楽しんでみてくださいね♪

本を読んだ後は、ぜひお腹の中の赤ちゃんに感想を伝えるなどして、コミュニケーションをとってみると良いですよ!

それでは素敵なマタニティライフを送ってください♪