お役立ち

妊娠線予防にはワセリンがおすすめ!妊娠線の原因は?いつから塗る?【妊娠線ができなかった私が解説!】

妊娠線予防にはワセリンがおすすめ
一度できたら消えないと言われる妊娠線。

出来ることなら妊娠線ができないよう対策したいですよね。

ぽこ
ぽこ
私も妊娠線だけは絶対に阻止したいと思って、毎日入念にケアしてきました!

おかげで、現在(記事執筆時、妊娠38週)も、妊娠線は全くできていません!!!

もちろん体質もあるとは思いますが、毎日の努力の結果でもあると自負しています。

 

結論から言うと、妊娠線予防にはワセリンのクリームがかなりおすすめです!

今回は、妊娠線ができなかった私が、妊娠線予防の際に意識したことなどを含めて、塗りはじめる時期や他のおすすすめ品も含めて紹介していきます。

妊娠線ができる原因は?

headline
まず妊娠線ができる原因を把握しておきましょう。

主な原因は次のふたつ。

皮膚の急激な伸び

ホルモンの影響

皮膚の急激な伸び

妊娠によって、お腹が大きくなったり、体重が急増したりします。

それによって、皮膚の伸びが追い付かなくなり、皮下脂肪と皮膚の表面との間にある真皮にひび割れが入ることで、妊娠線となります。

ホルモンの影響

妊娠すると、コルチコステロイドというホルモンの分泌が増えることでコラーゲンが減少します。

コラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ、肌が乾燥することで、皮膚に亀裂が生じやすくなり、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線を予防するためには、保湿が最重要!

このような原因があることを踏まえると、妊娠線予防のためには、保湿が最重要となってきます。

そこで私は、妊娠線を作らないため、肌を乾燥させずに、常に潤っている状態を保つことを意識しました!

妊娠線ができるか否かは、その方の体質など、個人差があるものです。

経産婦の方や多胎妊娠の方、乾燥肌の方、急激に体重増加した方などは妊娠線ができやすいと言われています。

しかし、しっかりと肌を保湿しておくことで少しでも悪化を防ぐことはできるので、予防をすることは大切です。

妊娠線予防クリームはいつから塗る?

headline
妊娠線予防は、お腹が大きくなり始める妊娠中期(妊娠5ヶ月)頃からはじめる方が多いようです。

個人差はありますが、この時期には、つわりもおさまってくるため丁度良いと思います。

ぽこ
ぽこ
私の場合は、妊娠3ヶ月の頃から、毎日1回、お風呂上りに、妊娠線予防をはじめました!

何故かというと、妊娠3ヶ月の頃は、丁度10月に入った時期で、季節柄、身体全体が乾燥気味になっていました。

そこでこの際、妊娠線予防もはじめようと思い、その日から毎日保湿ケアをするように!

結果的に、乾燥を感じ始めた時期に、妊娠線予防を開始して正解でした。

ぽこ
ぽこ
私は、お腹・胸・背中・お尻・太もも・二の腕と、ほぼ全身にたっぷりとクリームを使って保湿していました。
普段、身体の乾燥を感じない方は、お腹が大きくなる妊娠中期頃から。

身体の乾燥を感じる方は、早くてもその時期から、妊娠線予防を行うのがおすすめです!

妊娠線ができなかった私が使った商品3選とおすすめポイント

妊娠線ができなかった私が実際に使った商品は、こちらの3つ。
妊娠線予防クリーム

妊娠線予防オイル

それぞれのおすすめポイントを紹介していきます!

Vaseline(ヴァセリン) エクストリーム ドライスキンケア ボディクリーム

私が一番愛用したボディクリーム。

 

保湿力抜群で、一日中しっとり!

伸びが良く、べたつかない

無味無臭

コスパ最強!(200gで1,000円程度)

何といっても保湿力がスゴイ!!

そして、お手頃なので、容赦なく全身にたっぷりと塗りたくれます。 ←これ、スゴく大事です。

お高めの妊娠線予防クリームやオイルって沢山あるんですが、値段が高いとちょっと少なめに使ったりしてしまいそうですよね。

保湿する際には、たっぷりとクリームやオイルを塗ることが大切なので、値段のせいで、それが出来なくなってしまいそうなら、安くて遠慮なく使えるものを使った方が良い!と個人的には思います。

私は、一番最初に妊娠線予防として、このクリームを使い始めたのですが、1週間ほどで身体の乾燥はなくなりました。

アトピー持ちの方にも良いみたいなので、敏感肌の方にもおすすめです。

ぽこ
ぽこ
たっぷり使って、2.3カ月は持ちますよ。
好きすぎて、2つ目をリピートした商品です!
こんな方におすすめ
  • 敏感肌の方
  • 無味無臭を好む方
  • 身体の乾燥が酷い方
  • 冬などの乾燥時期にケアしたい方
ぽこ
ぽこ
迷ったら、保湿力抜群のワセリンをまず使ってみるのがおすすめ!!

Neutrogena(ニュートロジーナ) ノルウェーフォーミュラ ディープモイスチャー ボディクリーム

ワセリンを買いたかったけど、売り切れで買えずさまよっていたところ、遭遇した商品。

結果的にかなり使いごこちが良くて、買って正解でした!

 

さらっとした塗り心地だけど、保湿力高い

石鹸のような香りに癒される

コスパが最強!(200gで1,000円程度)

ワセリンの方が重めのクリームなので、さらっと塗りたい時には、こちらの商品の方がおすすめ!

ぽこ
ぽこ
外国チックな石鹸の香りが大好きでとても癒されるので、リラックスしながらケアを楽しめました♪

保湿力は、ワセリンと変わらないので、

私が今後も妊娠線予防としてクリームを使うなら、春~夏はニュートロジーナ秋~冬はワセリンを使いますね!

こんな方におすすめ
  • さらっとした塗り心地が好きな方
  • 香りも一緒に楽しみたい方
  • 夏などの蒸し暑い時期にケアしたい方

WELEDA(ヴェレダ) マザーズ ボディオイル

妊娠線予防として、有名で人気なボディオイル。

 

助産師の協力のもと開発されたオイル

保湿力が良く、痒みなどもない

オイルの伸びが良く、ボディマッサージしやすい

きつすぎないフローラルの香りに癒されてリラックスできる

さすが人気商品なだけあって、保湿力・塗り心地・香りは、文句なく最高!!

ぽこ
ぽこ
ただ、私の場合はオイルよりもクリームの方が好みだと感じたので、途中からは会陰マッサージ用として使いました。
こんな方におすすめ
  • 妊娠線予防専用の商品を使いたい方
  • オイルで妊娠線予防したい方
  • リラックスできる香りも楽しみたい方

最後に:好きな商品で楽しく妊娠線予防をしよう!

headline
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は、妊娠線予防をはじめる時期や、おすすめ商品などについて紹介しました。

塗り心地が良いものや、好きな香りのものなど、自分が好きな商品を使うことで、毎日楽しくケアができます。

私は毎日、お腹の中の赤ちゃんに話しかけながら、優しくマッサージをしていますが、その時間がとても楽しくて幸せな時間です。

せっかく予防するなら、赤ちゃんと一緒に楽しみながら続けてくださいね♪